GLAY速報

GLAYニューアルバムは「新たな世界の幕開け」

どうもGLAYファン・GLAY速報の*あっきぃ*(@_r_y_g_y_r_)です。

2021年にリリース予定のGLAYのニューアルバムのコンセプトが少しずつ明らかになってきました!

およそ2年ぶりのオリジナルアルバム

GLAYのアルバムリリースは前作「NO DEMOCRACY」よりおよそ2年ぶりで、今回のリリースで16作目のオリジナルアルバムとなります。

「NO DEMOCRACY」は『GLAYという“個人”が、自分の中にある“嘘のない言葉”で新たな“時代”に語りかける、そんな曲達を集めた1枚』というコンセプトで、ある種GLAYから時代への問い掛け(問題定義)となるアルバムでした。

その後、GLAYの過去・現在・未来、そしてGLAY然を表現したベストアルバム「REVIEW II」のリリースを挟み、2021年にリリース予定のニューアルバムへと繋がります。

GLAY REVIEW II 最速レビュー!【各ディスクの感想】

GLAY REVIEW II 最速レビュー!【4枚組の意味を考察】

これからのGLAYの幕開け

そんな2021年リリース予定のニューアルバムは「これからのGLAY」の始まりとも言えるアルバムとなっているようです。

コロナ禍でリモート制作という2020年、2021年らしい制作方法をとっているGLAYのニューアルバム。現在、鋭意製作中のようです。

あるメディアのインタビューの中でTERUがこう答えています。

50代から60代に向かうときに、どういう音楽をやっていたいか考え始めたんです。できることならThe Rolling Stonesみたいに80歳になっても歌ってる、ギターを弾いていられるバンドでいたいと思っているんです。このアルバムはその始まりなんじゃないかな

音楽ナタリー『「GLAYエンタテインメントの逆襲」とは? TERUJIROが2020年を振り返りながら語る』
https://natalie.mu/music/news/421737

The Rolling Stonesのように、いつまでも奏でられるROCKを紡いでいく、そんな新たなGLAYの四半世紀が始まったことを想像させます!

これまでに明らかになっている情報をまとめました。

  • 各曲のデモを、それぞれ担当メンバーを決めアレンジを進めていく手法をとっている
  • DJ MASSが今回も活躍
  • 90年代のGLAYが出してそうな作品
  • 10代に影響を受けた80年代の音楽にリスペクトを込めた曲もある

どんなアルバムなのか、楽しみですね。

 

*あっきぃ*

平成元年生まれ。
1997年 小学3年の時にHOWEVERで衝撃のGLAYERデビュー。
それからHISASHIに憧れギターを初める。もちろん使用機材はTalbo。
ライブ参戦よりもコレクター気質。

フォローよろしくお願いします♪